【MHW】属性値に上限は必要だったのか

はじめに

まず、今作の属性の仕様を再確認します

基本属性値*1

(表示属性値*スキル乗算補正*笛旋律補正+スキル加算補正)*耐龍の装衣補正

※ここで元の属性値の1.3倍より大きい値にはならない

実際に計算に用いられる属性値

小数点以下四捨五入(基本属性値*会心撃【属性】補正*強属性ビン補正/10)

 

一度確認したところで本題に入る

属性値の上限のは本当に必要だったのか

直近作のMHXと比較してみる

属性値は原則としてMHW表記とする*2

MHX:〇属性攻撃強化+2で1.1倍+6、W属性強化は1.2倍+6

属性値 MHX-属性2 MHX-W属性 MHW-属性5 MHW-上限
90 150 160   120(117)
120 190 200   160(156)
150 220 240   200(195)
180 250 270   230(234)
210 290 310   270(273)
240 320 340   310(312)
270 350 380   350(351)
300 390 420   390
330 420 450   430(429)
360 450 490   470(468)
390 480 520   510(507)
420 520 560   550(546)
450 550 600   590(585)
480 580 630   620(624)
510 620 670 660(661) 660(663)
540 650 700 690(694) 700(702)
570 680 740 730(727) 740(741)
600 720 780 760 780

 こうなっている。

属性値270を超えたあたりでようやくMHX仕様のWじゃないほうを上回れる

逆に200を下回る様であれば、恩恵は薄くなる

 

だが一度考えてみてほしい

過去作で、一度でもクソほど低い属性値の武器の属性値を強化して運用したことがあったであろうか?

自分ならばそういった武器は双剣であろうが片手剣であろうが物理が高い場合はそちら優先して強化し、属性の強化はスキルに悩んだ場合のみに留めておく

W属性に関してはMHXのTAでそこまで採用されているケースは見た感じではそんなにないため今回は無視するもののする

何が言いたいかというと属性の上限があること自体には何も問題はない

何が問題か

個人的に問題視すべきだと思っているのは次のことだ

  1. 属性値が低すぎるがために属性特化の武器にも並物理微妙属性となってしまっている武器が多いこと
  2. 高属性の武器だと逆に装飾品5つ消費は重すぎるということ

1に関しては根本的な見直しが必要だが、2に関してはγ装備が解決してくれる可能性が高い

また、ホーリーセーバーをMHXとMHWで比較すれば物理属性ともに抑えられているという事実は一目瞭然だ。

MHWホーリーセーバーは斬れ味こそいっちょまえだが属性値はMHXのオーダーレイピアLv2*3と同等である、物理に至ってはホーリーセーバーLv5*4と比べると30も下がっている

言いたいこと

今作は完全に武器性能の調整に失敗している

無属性強化も、属性値の上限も決して悪いものではない

ただ属性武器の設定値がなさけないだけなのだ*5

*1:剣斧の強属性ビンや会心撃などの特殊な補正がない状態での属性実数値

*2:MHXのものを10かけたもの

*3:下位武器

*4:MHXにおける最終強化

*5:超絶一門とか超絶一門とか超絶一門とかレイ=ホロウコラムとか

【MHW】今更ながらMHWの例のリークの信憑性を再確認してみる

どのリークかはあえて言いませんが分かると思います

 

正しいのか否か

的中率がそこそこ凄いのでおそらく正しいと思われます

財宝ドラゴンに関してはおそらくマム・タロトのことで、当時名前が決まっていなかったとする必要がありますが

何故正しいと思うのか

モンスターの並びです

あっち系に詳しい人は知っているかもしれませんが

MHX,MHXXのモンスターIDは(フロンティアを除いた上で)登場作品順かつ種族順、そして大型の後に中型といった感じで並べられていました

※シェンガオレンに関しては数値の関係から古龍種のあたりに用意されていたと思われます

※小型は律義に魚類まで枠がとってあったみたいです

希少種や二つ名個体の扱いは、リオレイアを例にすると

原種が0001、希少種が0201、二つ名が0401となっていました

猛り爆ぜるブラキディオスは053Fとなっているので奇数にも何らかの個体が入りうると仮定すると

亜種はいたとしたら01XXとなっていたと推測できます*1

また、MHXX時代はクシャルダオラ→オオナズチ→テオ・テスカトルの順でドス古龍のIDは割り当てられていました

ですが、オオナズチとテオ・テスカトルの間には不自然な空きがあります

・ドス古龍はまとまった値が割り当てられている

・ドスファンゴとの間に入るものがヤマツカミ、シェンガオレンである

と仮定すれば順番はクシャルダオラ→オオナズチ→ナナ・テスカトリテオ・テスカトルとなります

そして、例のリークではクシャルダオラナナ・テスカトリテオ・テスカトルの順で書かれていました

次にMH3の獣竜種はイビルジョーボルボロス→ウラガンキンの順で格納されていましたが例のリークでもこの順で書かれています

この2つの順を当てることのできる確率は約2.78%です

FG〇で有償ガチャを1回回してSRのキャラを引ける確率よりも低いです

新規モンスターの順番はめちゃくちゃですが既存モンスターはすべてMHXにおける推定IDと同じになっているので開発関係者によるリークもしくはそっち系に詳しい人による解析とみても問題はないと思われます(別の意味で問題はありますが)

 

おまけ MHXXのモンスターIDとその空き枠の推測(亜種希少種二つ名特殊個体除く)

0001:リオレイア

0002:リオレウス

0003:フルフル

0004:バサルモス

0005:グラビモス

(0006:モノブロス)

0007:ディアブロス

0008:イャンクック

0009:ゲリョス

000A:ガノトトス

000B:キリン

000C:ラオシャンロン

000D:ミラボレアス

000E:ドスランポス

000F:ドスゲネポス

0010:ドスイーオス

0011:ドスガレオス

0012:イャンガルルガ

0013:ダイミョウザザミ

0014:ショウグンギザミ

0015:ババコンガ

0016:ドドブランゴ

0017:ラージャン

0018:クシャルダオラ

0019:オオナズチ

(001A:ナナ・テスカトリ)

001B:テオ・テスカトル

(001C:ヤマツカミ or シェンガオレン)

(001D:ヤマツカミ or シェンガオレン)

001E:ドスファンゴ

(001F:キングチャチャブー)

0020:ティガレックス

0021:アカムトルム

0022:ドスギアノス

(0023:ヒプノック)

0024:ヴォルガノス

0025:ナルガクルガ

0026:ウカムルバス

(0027:クイーンランゴスタ)

(0028:クルペッコ)

(0029:ギギネブラ)

002A:ベリオロス

002B:イビルジョー

002C:ボルボロス

002D:ウラガンキン

002E:ラギアクルス

002F:ロアルドロス

(0030:チャナガブル)

0031:アグナコトル

0032:アルバトリオン

(0033:ジエン・モーラン or ナバルデウス)

(0034:ジエン・モーラン or ナバルデウス)

(0035:ドスジャギィ or ドスバギィ)

(0036:ドスジャギィ or ドスバギィ)

0037:ドボルベルク

0038:ハプルボッカ

0039:ジンオウガ

003A:アマツマガツチ

(003B:ドスフロギィ)

003C:アオアシ

003D:ウルクスス

003E:ラングロトラ

003F:ブラキディオス

(0040:グラン・ミラオス)

0041:ケチャワチャ

0042:テツカブラ

0043:ザボアザギル

0044:ガララアジャラ

0045:ゲネル・セルタス

0046:ネルスキュラ

0047:ゴア・マガラ

0048:シャガルマガラ

(0049:ダレン・モーランダラ・アマデュラ上半身)

(004A:ダラ・アマデュラ上半身かダラ・アマデュラ下半身)

(004B:ダラ・アマデュラ下半身かダレン・モーラン)

004C:アルセルタス

004D:セルレギオス

(004E:ゴグマジオス)

004F:ホロロホルル

0050:ディノバルド

0051:ライゼクス

0052:タマミツネ

0053:ガムート

0054:オストガロア

0055:ドスマッカォ

0056:バルファルク

0057:(たしか)アトラル・ネセト

0058:アトラル・カ

*1:現にミラボレアスの亜種である紅龍は010Dとなっていました。兼ね合いで同じく亜種である祖龍は020Dとなっています。

【FGO】虚月館殺人事件備忘録(雑)

完全に個人用。

終わりましたけど復刻もせいぜいレアプリが限度でしょうからだるいんで今後の更新はしないです。

ゴールディ家

アーロン

当主。

ドロシー

アーロンの妻。右利き。

モーリス morris

長男。ジュリエットの婚約者。チンピラ。

右手を怪我している

ホームズの推理ではシェリンガムと面会していた人物(殺したかどうかは不明)

前の妻の息子

行方不明、どざえもん?

ローリー

長女。

モーリスがシェリンガムの部屋から出てくるのを見ていた。

シェリンガム

アーロンにお話を持ち掛けた探偵

初日の深夜に死亡?

ヴァイオレット家

アダムスカ

ホーソーンの台詞*1から察するに元は外部の人間である可能性がある

ジュリエット

長女。主人公が当て嵌められている人物のゼミ仲間。

モーリスの婚約者

‘‘母親’’ハリエット

誰が当て嵌められているか明言されていないので便宜上こう記す。

ヴァイオレット家の娘。

ホーソーン曰く『奔放さ』がある。

スリードはなく『エヴァ』である可能性もある

たぶん犯人(ガバガバ推理)

‘‘ジュリエットの妹’’エヴァ

誰が当て嵌められているか明言されていないので便宜上こう記す。

モーリスはジュリエットより好みだと言っている。

スリードはなく『ハリエット』である可能性はあるがわざわざエウリュアレとステンノが当て嵌められているのに姉妹で性格が違う*2という点がひっかかる

妙なことを尋ねる、及び答えた際に「母は」と言っていたためエヴァ確定でいいと思う(たぶん)

二卵性ということも判明したため間違いないと思う(たぶん)

ケイン

長男。弟。そろそろ高校生?

アダムスカと疑惑

ホーソーン

ヴァイオレット家の主治医。

マーブル商会

アン

偉い人

クリスの母

主人公をドスッとした

お薬を吐かせるためらしい

そこそこ偉い人

名探偵コナンを知っている模様

クリス

新人

アーロンの息子

死亡、毒殺。ダイイングメッセージ:mor

momの書きかけの可能性もある

懐中時計は11時25分を示している

 

23時25分の各人のアリバイ

ケイン、ローリー:かくれんぼ中、11時20分頃にに見つかる

アーロン、アダムスカ、アン、ホーソーン:ポーカー

伍:0時までポーカーみてた

ジュリエット、エヴァ:一緒の部屋にいた

主人公:寝てた、生活音は伍が聞いていた

モーリス:たぶん死んでる

 

*1:要約:ヴァイオレット家のお嬢さんに気後れしてアプローチするに至らなかった

*2:ホーソーンの発言より

【MHW】マム・タロトの属性肉質について

自分で検証したもの(とSNSの画像から逆算したもの)が混ざってますが属性肉質が多少はわかったので載せておきます

主要になりそうなののみ載せてるはずです

 

黄金:火5 氷0 雷25

赤くなった黄金:火25 氷0 雷50

前脚:氷40 雷0 ※金纏い状態でも狙える

頭部:氷50 ※本体露出後限定?

後脚・尻尾:氷30 ※本体露出後限定?

 

解説1:雷50ってどれくらい柔らかいの?

強属性の面汚しだと(筆者が個人的に)思っているカガチノカイナIIくんが超高出力を撃つだけで1発につき105~135ダメージが出せるくらい柔らかいです。

解説2:本体になったら氷を担ぐほうがいいの?

雷はおそらく全部位で0なので雷武器を担いでいるなら変えたほうがいいです

ギガフロストIIくんなら氷属性強化3をつけていれば怒り補正を抜けば超高出力で1発93,124,155は出るようになるはずです

攻撃力が悲しいレイ=ホロウコラムさんなら属性会心込で35ダメージは確定で出るようになったりするはずですじゃ(モーションに属性補正があったら知りません)

 

〜おまけ〜

怒り状態の防御率は1.2倍

【MHW】攻撃力解説 Ver.2.00対応版

わりと知られていないであろう攻撃力の仕様について解説します

 

表示攻撃力

実際の攻撃力に武器係数と呼ばれる値を書けたもの

詳しくはココを参照

計算に扱われるのは表示攻撃力を武器係数で割ったもの(=実際の攻撃力)

本記事での定義

武器攻撃力:武器が素で持つ実際の攻撃力

武器倍率:スキルやアイテムによる補正後の攻撃力

攻撃力の計算式

今まではスキルやアイテムによる加算分を全て足した後に乗算が行われていました

が、今作は仕様変更がなされています

簡易版

{(武器攻撃力+カスタム強化+鈍器使い)×乗算補正A+加算補正}×乗算補正B

乗算補正Aや加算補正に関しては小見出しが分けてあるものは重複するはずです

カスタム強化(攻撃力)

1回につき武器攻撃力+5

攻撃力ブーストの劣化版

鈍器使い

剣士

斬れ味ゲージが低いほど武器攻撃力が上昇

緑で+15、黄で+25、橙以下で+30

※青補正に勝つことは不可能

※狩猟笛の衝撃波、スラッシュアックスの属性解放フィニッシュ、チャージアックス榴弾ビンには効果が乗らない

ガンナー

近接攻撃時に武器攻撃力を+30して計算(攻撃力数値の変化は見られない) 

乗算補正A

鈍器使いやカスタム強化による補正後に行われる乗算補正

ここで一度小数点以下の四捨五入が行われる

無属性強化

無属性武器 or 属性弾が使えない限定で1.1倍

※滅龍/状態異常ビンは無属性扱い

※属性解放してなければ無属性扱い

火事場力

スキル説明を参照されたし

ネコ火事場は未確認

不屈

従来通り

1回目:1.1倍 2回目以降:1.2倍

攻撃旋律

全体バフのためかここに移動

小:1.1倍

大:1.15倍

特大(大の重ね掛け):1.2倍

回避の装衣

早く広まれ

1.3倍

弾強化

通常弾・通常矢のみ確認済み

攻撃力には反映されない

おそらく1.1倍

ネコの射撃術

攻撃力には反映されない

おそらく1.1倍

飛燕

攻撃力には反映されないが試行回数不足により本当にここなのか確証がない

おそらく1.1倍

加算補正

乗算補正Aの後に加算される補正群

スキルは説明に書いてあるのでアイテムのみ記載

食事もここだが小中は未確認

力の護符

+6

力の爪

+9

怪力の種/丸薬

+10/+25

鬼人の粉塵

+10

鬼人弾

(オトモは)+10

鬼人薬グレート

+7

食事

大:+15(オトモは+20)

乗算補正B

加算補正まで終えたあとにかかる補正

ここでも小数点以下の四捨五入が行われる

太刀/練気ゲージ

白:1.05倍

黄:1.1倍

赤:1.2倍

ハンマー/力溜め

1.07倍

狩猟笛/自分強化(重ね,Ver.2.0.0追加要素)

1.15倍

スラッシュアックス/強撃ビン(剣モードのみ)

1.17倍

チャージアックス/属性強化(斧モードのみ)

1.1倍

操虫棍/エキス強化

〜Ver.1.0.6

赤白:1.08倍

赤白橙:1.12倍

Ver.2.0.0

赤白:1.1倍

赤白橙:1.15倍

 

最後に

まだ未検証の部分も多いですがとりあえずこんなかんじだと思ってください

今後のアップデートで上方修正などがあった際には検証をし直す予定もあります

 

 

【はじめに】

Twitterで過激な発言が多くなってきている気がするので過激じゃない発言もできるようにするための場

 

【現在書く予定のもの】

モンスターハンター:ワールド